日本マウンテンバイク協会 各種お問合せはこちらからどうぞ


街では左側通行-山では許可された場所を走ろう!
自転車キッズ検定

13回全国小学生・中学生マウンテンバイク大会は盛況の内に終了しました

8月2日(土)~3日(日)の長野県白馬村さのさか。スノーハープには北海道から九州の全国から350名を超える参加者が集合、抜けるような青空の下で盛大に開催されました。心配された台風やゲリラ雷雨などもなく、両日とも晴天のもとで全ての競技が行われました。

2日(土)はキッズ検定やユースやスポーツ、父兄のレースを行い、合わせて翌日の参考になるトレーニング・キャンプも開催。参加者なんと2000名オーバー!!参加選手のほとんどが前日から来て、まさに準備万端の様子でした。講師の先生も全日本トップライダーの小野寺 健(ミヤタ・メリダ)、松尾 純(同)を始め、JMAインストラクターによる講習が行われ、初日から早くも熱気に包まれていました。

3日も朝は涼しく、日中も適度に雲が出て、予想より暑さ緩和されてのレースが最後のチビッ子まで天気に恵まれて実施されました。各学年とも年々エントリーが増え、一番多い学年は38名、壮観なスタート風景でした。今年は山形を中心に東北からのエントリーが多く見られ、昨年からの北海道グループもたくさん参加くださいました。また九州からはかつてJシリーズを開催したことのある熊本県小国町からのエントリーもあり、まさしく全国津々浦々からの参加となりました。レースのレベルも年々上がり、中学生クラスは一般男子顔負けの速さとテクニックを見せ、白熱したレースになりました。加えて女子の参加も大幅に増えて競技人口が少ない現状に一筋の光となってきました。未来のある子供達がこれだけ一堂に集まるマウンテンバイク大会は他にありません。今後の更なる成長に期待しましょう。