日本マウンテンバイク協会 各種お問合せはこちらからどうぞ


街では左側通行-山では許可された場所を走ろう!
自転車キッズ検定

日本マウンテンバイク協会 テクニカルテスト規定

平成 4年 2月 1日 制定
平成 5年10月 1日 改訂
平成 7年 2月 1日 改訂
平成 9年 2月 1日 改訂
平成21年11月 1日 改訂

(主旨)
第1条  テクニカルテストは、将来マウンテンバイクの指導者(インストラクター)を志す者、および愛好者の、技術的な目安としてテクニカルテストを設定する。指導員(インストラクター)検定前に技術レベルを認識し、技術向上に励んでもらうのがねらいでもあり、次の5段階に分けられる。

  1. 5級テクニカルテスト
  2. 4級テクニカルテスト
  3. 3級テクニカルテスト
  4. 2級テクニカルテスト
  5. 1級テクニカルテスト

(テクニカルテスト)
第2条  テクニカルテスト(以下「テスト」という)を次のように定める。

(実施)
第3条  テストは、本協会主催で行う。

(公示)
第4条  テスト実施要項は、委員会にて決定され公示される。

(検定員)
第5条  テストは、本協会会長から委嘱された検定員1名以上がこれにあたる。

(会期)
第6条  テストの会期は、1日間を原則とする。

(会場)
第7条  テスト会場による受検者の地域、受検回数の限定はしない。

(検定基準)
第8条  テストは、マウンテンバイクの実技について実施し、その検定基準実施要項は別に定める。

(5級~2級テクニカルテスト受検資格)
第9条  5級~2級テクニカルテスト受検資格は、特別設けない。但し、日本マウンテンバイク協会会員でない合格者は、その資格は失効する。

(1級テクニカルテスト受検資格)
第10条  1級テクニカルテスト受検資格は、次の各項に該当しなければならない。

  1. 本協会会員であること。

(受検手続き)
第11条

  1. テストを受けようとする者は、本協会の定める手続きにて申請する。
  2. 検定申請後は、理由の如何を問わず、検定料の返還は認めない。

(結果報告および発表)
第12条

  1. 合否の結果は、検定実施日、実施会場で行う。
  2. 検定実施結果のうち、検定成績内容は本人にのみ公表してよい。

(認定証)
第13条  合格者には、合格証を発行する。

 

日本マウンテンバイク協会 テクニカルテスト検定基準

平成 4年 2月 1日 制定
平成 5年10月 1日 改訂
平成 7年 2月 1日 改訂
平成 9年 4月 1日 改訂
平成21年11月 1日 改訂

 日本マウンテンバイク協会テクニカルテスト検定規定第8条に基づき、テクニカルテスト検定基準を次のように定める。

1)検定コース規定

  1. 検定コースは、別表 日本マウンテンバイク協会公認指導員(インストラクター)検定基準の「準備するコース」の項を基準に設定する。
  2. 検定コースは、受検者に対し、わかりやすいように白線、パイロン、テープ等を利用し設定する。
  3. 検定コースは、検定員に対し、採点しやすいように設定する。

2)採点基準
5級~3級

  1. 各種目、可(○)、不可(×)とし、必要であればコメントが記入される。
  2. 基準の動作が取得できている場合に可(○)。(これを3級基準とし、4、5級については検定員の判断による)
  3. 各種目へのトライは、1回のみとする。

 2級~1級

  1. 各種目、可(○)、不可(×)とし、必要であればコメントが記入される。
  2. 基準の動作が取得できている場合に可(○)。(これを1級基準とし、2級については検定員の判断による)
  3. 各種目へのトライは、1回のみとする。

3)テスト種目

  1. 基本フォーム
  2. 指定位置への停止
  3. 変速
  4. 上り斜面の走行
  5. 下り斜面の走行
  6. 丸太越え (5級~2級については6.7.のいずれかを選択)
  7. 段差の上り下り( 5級~2級については6.7.のいずれかを選択)
  8. スタンディング・スティル (2級~1級のみ)
  9. ジャックナイフ・ターン(1級のみ)

4)合格基準採点確認ポイント
別表 日本マウンテンバイク協会公認指導員(インストラクター)検定基準の「採点確認ポイント」の項を基準とする。